デメリットは?

最近は一般家庭にも広く普及しているウォーターサーバーですが、そのデメリットについてここでは考えていきたいと思います。

まずはそのコスト面についてです。ウォーターサーバーをレンタルする場合、

レンタル料金と水代、そしてメンテナンス費用と電気代がどうしてもかかります。

また業者によっては水の配達代がかかるところもあるようです。

しかし最近はレンタル無料というところもありますし、その価格も多様化していることから安いところを選べば

かなりコストを抑えることができるといえます。

そして電気代についても、お湯を沸かしたり、常にポットを保温状態にしていること、

冷たい水を取り出すための冷蔵庫の開け閉めの光熱費を考えるとウォーターサーバーの方がかからないと算出されているようです。

しかしウォーターサーバーは定期的に掃除して清潔を保つ必要があります。

中にはメンテナンスを行ってくれるところもありますが、費用がその分かかるでしょう。

またある程度スペースを取ることから、置く場所を確保することが必要となってきます。

さらにガロンボトルの成分であるポリカーボネート樹脂の原料は環境ホルモンとして問題視されています。

最後に、トータルで計算すると、同じ水の量では安いミネラルウォーターを買う場合より高くつくことがあるでしょう。

しかしウォーターサーバーを利用することででしかないメリットもありますので、それを考慮した上で購入するかどうかを検討するとよいと思います。